ロシアンスナイパー(映画)の主演女優と基になった実在の女性を紹介

 

映画『ロシアンスナイパー』は2015年に製作されたロシアとウクライナ合作の映画です。

その名の通り、ロシア(ソ連)のスナイパーが主人公の戦争映画で、第2次世界大戦中にドイツ兵を309人射殺したという実在した女性狙撃手の激動の20代が描かれています。

主演を務めた女優がとても美しく、ストーリーにも感動したので、映画『ロシアンスナイパー』のあらすじと、主演女優ユリア ペレシドについてやモデルになった実在の女性スナイパー、リュドミラ パヴリチェンコの情報をお届けします。

 

スポンサーリンク

映画『ロシアンスナイパー』基本情報

作品データ

  • 製作年    2015年
  • 原題     Bistva za  Sevastopol
  • 製作国    ロシア・ウクライナ合作
  • 上映時間   123分

スタッフ

  • 監督    セルゲイ モクリツキー
  • 製作    イゴール オレショフ、ナタリア モクリツカヤ
  • 脚本    セルゲイ モクリツキー、マキシム バダリン、イゴール オレショフ
  • 撮影    ユーリー コロル
  • 音楽    エフゲニー ガルペリン

キャスト

ユリア ペレシド(リュドミラ パブリチェンコ役)

ジョアン ブラックハム(エレノア ルーズベルト役)

エフゲニー ツイガノフ(レオニード役)

ヴィタリー リネツキー  オレグ ヴァシリコフ

 

セヴァストポリの戦い

原題のBistva za Sevastopolとはセヴァストポリの戦いのロシア語です。これまでに3度の戦いがありましたが、ここでは1941年9月~1942年7月にかけての、クリミア半島とセヴァストポリ要塞をめぐる枢軸国軍とソ連軍の戦闘を指しています。

枢軸国軍とは第2次世界大戦時に連合国と戦った諸国のことで、第三帝国ナチス・ドイツ、大日本帝国、ファシストイタリア、ルーマニア、ブルガリア、タイ等のファシズム国家です。

対する連合国はアメリカ、イギリス、フランス、ソ連、中国などの反ファシズムで連帯した諸国を言います。

【*ファシズム】簡単に言うと、独裁主義のことです。大衆動員を積極的に利用し、市民的自由や人権を無視する国家主義を掲げ反対派を弾圧する、この政治体制や思想がファシズムです。代表されるのがムッソリーニのファシスト党、ドイツのナチ党で、彼らは合法的に自分たち以外の政党をすべて解散させ、一党独裁体制を確立しました。

 

映画『ロシアンスナイパー』のあらすじ

 

1941年、ナチス・ドイツはソ連への侵攻を開始。大学生のリュドミラ パブリチェンコ(ユリア ペレシルド)は、その卓越した射撃の才能をみいだされスナイパーとして戦場に駆り出される。ナチス兵を次々と狙撃していった彼女は、ナチスに「死の女」と呼ばれて恐れられる一方で、ソ連軍上層部には戦意高揚のシンボルとして利用されていく。黙々と敵の狙撃を繰り返し、彼女は戦場で出会った男性と恋に落ちるが、彼を失ってしまう。やがて戦争は激化し、リュドミラらソ連軍はセヴァストポリ要塞に追い詰められ……。

 

スポンサーリンク



『ロシアンスナイパー』主演の女優ユリア ペレシルド

英語表記  Yulia  Peresild  (ペレシドと表記されることもあります)

生年月日  1984年9月5日

出身地   プスコフ (ロシアの都市でプスコフ州の州都)

身長    168㎝

パートナー アレクセイ ウチーチェリ(ロシアの映画監督)

出演映画

  • 2016年 『ラスト・スナイパー』ロシア
  • 2017年 『デス・レター 呪いの手紙』ロシア
  • 2018年 『パーフェクトワールド』ロシア

 

 

『ロシアンスナイパー』のモデルになった実在の女性リュドミラ パヴリチェンコについて

 

『ロシアンスナイパー』のベースとなった実話は、リュドミラ ミハイロヴナ パヴリチェンコという、第2次世界大戦において敵兵を309名射殺した凄腕の女性狙撃手の物語です。

ちなみにスナイパー、狙撃手とは長距離にわたって離れた場所から目標に気付かれることなく銃で狙撃することに専門化された要員(歩兵)のことを言います。

リュドミラ パヴリチェンコの基本情報

生誕    1916年7月16日  ロシア帝国ウクライナ地方ビーラ・ツエールクヴァ

死没    1974年10月10日  ソビエト連邦モスクワ

学歴    キエフ大学

軍歴    1941年~1953年

最終階級  少佐

 

入隊前

帝政ロシアのウクライナ、キエフ近郊のビーラ・ツエールクヴァで生まれました。14歳の時にキエフ市内に家族と転居し、キエフ市のスポーツ少年団の射撃部に入部します。

のちに国立キエフ大学文学部史学科へ進学し、射撃競技にも励んでいました。その成績は射撃部の男性を含めても抜群のものだったとされています。

第2次世界大戦

 

1941年、ドイツ・ルーマニア・ハンガリー・イタリアがソ連領への侵攻を開始すると、まだ大学在籍中だった24歳のパヴリチェンコはキエフ市内で入隊を志願しました。

狙撃手として正式に選抜された彼女は第25狙撃兵師団第54狙撃連隊に配属されました。入営後の射撃教育課程でも非常に優秀な成績を挙げた彼女は正式に狙撃手として選抜され、モシンナガン狙撃銃を手に1941年8月、オデッサ市防衛の任務に就きました。

戦況はソ連にとって不利な形で進行しつつあり、ウクライナ地方でも赤軍(ソ連)はドイツ軍の猛攻を受けて撤退に次ぐ撤退を重ねていました。赤軍とは1918年から1946年にかけてロシア及びソビエト連邦に存在した軍隊で、ソビエト連邦軍の前の段階のもです。

そんな中最初の戦闘においてパヴリチェンコは2名の敵の兵士を射殺し、早くも味方の兵士たちから一目置かれたそうです。

 

 

ドイツ軍の戦車による電撃戦に後退を余儀なくされた赤軍は、狙撃兵たちには後退する本隊の援護のために最前線で狙撃することで、侵攻してくるドイツ軍の前進を遅らせる命令を出していました。

この後退戦でパヴリチェンコは枯草模様の装備で狙撃陣地に潜み、敵を一旦やり過ごしてからその背後や側面を衝いて700~800mの長距離から狙撃を行うという戦術で多大な戦果を挙げました。

彼女の確認された戦果は、わずか約2か月半の間にドイツ軍の狙撃兵10名以上を含む射殺187名にまで上っていたとされています。この成績と味方の指揮官不足のためにパヴリチェンコは上等兵から少尉まで昇進したのでした。

オデッサから脱出した彼女の狙撃連帯はクリミア半島セヴァストポリに派遣され、ドイツ軍が優勢の戦況は変わりませんでした。

 

 

1942年5月の時点で中尉に昇進していた彼女の確認戦果は257名にまで増加していて、赤軍から個人感状という、軍事面において特別な功労を果たした下位の者に対して、上位の者がそれを評価・称賛するために発給した文書が彼女に贈られました。

1942年6月にはセヴァストポリ要塞は1300門以上もの大砲による砲撃に晒され、パヴリチェンコも負傷し、北コーカサスの赤軍病院に移送されました。

砲撃開始から約1か月後、ついにセヴァストポリは陥落することになります。

 

1か月の療養後、退院した彼女は北コーカサスに侵攻してきたドイツ軍を迎え撃つ為に前線に復帰し、狙撃を続けました。しかし、彼女の桁はずれの功績がソ連のほぼ全土に知れ渡っていたので、英雄を失う事を恐れた軍指導部は、パヴリチェンコを新設した女子狙撃教育隊の教官に任命し、前線を離れる事を命じたのです。これで彼女の第2次世界大戦における戦闘は終わりを告げました。

1943年にソ連英雄を受賞。切手の図柄にも使用される程、英雄として扱われていました。

赤軍は彼女の名声を利用して多くの女性を新たな狙撃手候補生として獲得したといいます。第2次世界大戦において約2000人の女性スナイパーおくが戦場に送り込まれましたが、パヴリチェンコの様に終戦まで生き残れたのは、500名に満たないとされています。

晩年

終戦後はキエフ大学に復学し、卒業後には海軍司令部の戦史課に就職、1953年まで研究助手として戦史の編纂(へんさん~編集の意味)に携わりました。

その後は退役軍人委員会でも活動していましたが、1974年10月58歳で病死し、遺体はモスクワのノヴォチ˝ィシエ墓地に埋葬されたそうです。

1976年にも再び、切手の図柄に肖像が選ばれ、また出身地であるウクライナのとある海運業者は、輸送船にパヴリチェンコの名を付けて敬意を表しました。

 

ロシアンスナイパー(映画)の主演女優と基になった実在の女性を紹介のまとめ

 

ロシア女性と聞いて「素晴らしい美貌の持ち主である」という連想しか思い当たりませんでしたが、この作品に出合った事で彼女たちの内面にも触れられた気がします。

リュドミラ パヴリチェンコは世界大戦というさなかにいても、入隊は自らの志願で決める、自分の好きでない男性の誘いにはきちんと拒否する、など強い意志をどんな時も貫いていました。

その真っ直ぐな姿勢は見た目に表れるのではないでしょうか?そんな風に感じました。

なかなかロシア映画を観ることがなかったのですが、この作品のおかげでもっとロシア映画を観たくなりました。それほど私には、この『ロシアンスナイパー』は特別に面白い作品でした。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください