17歳の肖像(映画)あらすじや実際に観てみたネタバレ感想を紹介!

 

2009年に公開されたイギリス映画「17歳の肖像」のあらすじや、実際に観てみたネタバレ感想を紹介します!

17歳の肖像はキャリー・マリガン主演で、リン・バーバーの自叙伝が原作になっています。

 

17歳の肖像(映画)の動画を無料で観たい!吹き替えや字幕付きで視聴するには!

 

\すぐに観るなら/
▼ ▼ ▼

映画「17歳の肖像」のあらすじをチェック!

 

1961年のロンドン郊外。中流家庭の一人娘である16歳のジェニーは成績優秀、オックスフォード大学を目指す優等生だ。しかし彼女の憧れの地はパリで、勉強の合間にこっそりシャンソンのレコードを聴いては、厳しい父親に叱られる毎日だった。

ある土砂降りの雨の日、傘を忘れてしまったジェニーはチェロケースを引っ張りながら下校していた。すると小粋な車から男性が声をかけてきた。「君のチェロが心配だな。君ごと家まで送ろうか?」これがデイヴィッドとの出会いだった。

彼はジェニーとは倍以上に年が離れているが、教養豊かで会話も面白く、ジェニーを家まで送った際に、音楽会に誘ってくれた。

デイヴィッドやその友人達が導いてくれる大人の世界にジェニーは目を輝かせるが、それは彼女にとってほろ苦い人生教育の始まりでもあった…。

 

映画「17歳の肖像」の紹介と実際に観たネタバレ感想!

 

映画大好きchie

私が観てみました!

 

ロネ シェルフィグという ワン デイ 23年のラブストーリーを手掛けたデンマーク出身の女性監督の作品です。

1961年のロンドン郊外に暮らすジェニーという女子高生が主人公です。
中流家庭の1人娘として育ち、利発な優等生で有名大学の進学を志しています。

親や教師の期待を背負い勉強やチェロに勤しむ側、何か やり切れない思いも抱えて毎日を送っていました。

そんな折、倍以上も歳上のデビッドという男性に出逢います。すぐさま大人のアプローチを受け入れて、恋人となり、彼と彼の知人達のおかげで普通の女子高生では経験出来ない事を短期間で体験していきます。

 

学校の友人達からも羨望の眼差しが注がれると共にそんな彼女の変貌ぶりに担任や校長は、このままでは今までの努力が勿体ないと諭そうとするのですが、ジェニーには 悪い事ですらも刺激になって元の生活が色褪せて見えてしまいます。 担任にも心無い言葉を投げつけてしまうようになってしまいました。

そして彼からプロポーズを受けます。

あれほど大学進学を口うるさく言っていた父親も女性として家庭を持つという幸せもあると、すんなり賛成されてしまうのです。

 

すべてが順調に進んでいるかのように思えた、その矢先に重大な彼の秘密が露呈されます。

 

その事により、自分を本当に大切にしてくれている人々に気が付いて、然るべき人に力を借り勉学の道に戻っていきました。

という1人の少女の成長ストーリーですが、原作が自叙伝という事もあり登場人物の描写がより丁寧に作られています。

彼女を取り巻く時代背景や周囲の環境により、良くないと分かっていても、自ら容易に受け入れてしまったことが納得出来ます。

 

原題が「An Education」つまり教育ですね。経験に勝る教師は居ない、という事です。

大人になるにつれて、私達は自然に経験する前の段階で頭の中でシュミレーションして、止める事が多くなります。

私もひとり息子を育てる母親でもあるので、つい彼の大切な好奇心を最初に摘んでしまうような事をしてしまいがちです。

だから1人娘というのは、なかなかの割合でチャレンジ精神を潰されて育っちゃうのかなぁと、ジェニーの反乱とも取れる態度にハッとさせられました。

 

スポンサーリンク



映画「17歳の肖像」ではタイプの全く違う大人の女性が登場

まずはジェニーのお母さん。毎日毎日文句1つ言わずに家事をこなしているのに、いつも微笑みをたたえて娘の話に耳を傾けています。

夫に歯向かったりなど 絶対にしません。当時の大多数の理想の妻像でしょう。

 

そしてデビッドの友人の恋人。ブロンドで常に着飾り、男の目線を意識する事が自然に身に付いているのですが、発言の端々に教養の無さを感じる女性です。
でも劣等感等かけらもなく、彼女のやり方でジェニーに女を教えて行きます。

 

次に学校の校長先生。男顔負けの、キャリアウーマンという感じでしょうか。 迫力がありますがその言動は人を寄せ付けにくい何かがあります。

明らかに間違った方向に進んでいる生徒に対して、冷酷な迄に対応出来ます。

 

最後にジェニーの担任の英文学の先生
つねに質素な服装をしていて、まとめ髪にメガネ姿なのにどこか凛としている女性です。ジェニーの事を心に留めている、そんな表情をがとても印象的でした。

ジェニーの変わりようを見て、つい1960年代のイギリスの時代背景を調べてしまいました。随分と暗い世の中だったようです。

挫折を味わったジェニーは「私は愚かでした。助けて下さい。」と担任の先生に訴えます。
そして、先生は「その言葉を待っていたのよ。」と告げます。

 

自分の過ちを認め、今まで指導してくれた先生にこうやって正直に気持ちを言える。簡単なようでなかなか難しい事だと思います。

そして、それを待っていてくれる教師は今一体どれくらいいるのだろう??と感じました。

私は後ろを振り返るから自分の立ち位置が明らかになると思います。
そう、いつも前ばかりみていると見失う事があると、失敗や過ちが教えてくれるんだと信じています。それを確信させてくれた映画でした。

 

17歳の肖像(映画)あらすじや実際に観てみたネタバレ感想を紹介!のまとめ

この映画の予告では、チェロの印象が多かったので音楽に関する作品であろう、と予想していたのですが、全く違った事にはびっくりしました。

自叙伝なので仕方ないのですが、ジェニーに片思いする誠実だけど不器用な青年がもう少し、絡んでくれたら良かったかな、と。

キャリー マリガンの幼いような、でもたまに妖艶さが漂う笑顔がたまらなく可愛いです。

17歳、アオハル…時代や国や家庭環境でそれぞれの青春があるんですね。

 

自分の青春はいつだったろう??
と、振り返って懐かしんでみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度ご覧ください!

 

17歳の肖像(映画)の動画を無料で観たい!吹き替えや字幕付きで視聴するには!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください