女王陛下のお気に入り(映画)のあらすじやキャストをチェック!感想や評判は?

 

映画「女王陛下のお気に入り」のあらすじやキャストをご紹介します。

オリヴィア・コールマンとエマ・ストーン出演の映画「女王陛下のお気に入り」は真面目なかと思いきや分類はコメディ!

18世紀初頭を舞台とした女たちの昼ドラのような駆け引きが注目です。感想や評判もチェックしてみました!

 

スポンサーリンク

女王陛下のお気に入り(映画)のあらすじ!

 

時は18世紀初頭、アン女王(オリヴィア・コールマン)が統治するイングランドはフランスと戦争中。アン女王の幼馴染で、イングランド軍を率いるモールバラ公爵の妻サラ(レイチェル・ワイズ)が女王を意のままに操っていた。

そこに、サラの従妹だと名乗るアビゲイル(エマ・ストーン)が現れる。上流階級から没落した彼女はサラに頼み込み、召使として雇ってもらうことになったのだ。
ある日、アビゲイルは、痛風に苦しむアン女王の足に、自分で摘んだ薬草を塗る。サラは勝手に女王の寝室に入ったアビゲイルをムチ打たせるが、女王の痛みが和らいだと知り、彼女を侍女に昇格させる。

 

イングランド議会は、戦争推進派のホイッグ党と、終結派のトーリー党の争いで揺れていた。戦費のために税金を上げることに反対するトーリー党のハーリー(ニコラス・ホルト)は、アン女王に訴えるが、ホイッグ党支持のサラに、女王の決断は「戦争は継続」だと、ことごとく跳ね返される。
舞踏会の夜、図書室に忍び込んで、蝋燭の灯りで本を読んでいたアビゲイルは、ダンスホールを抜け出して突然駆け込んできたアン女王とサラが、友情以上の親密さを露わにする様子を目撃してしまう。

国を動かす二人と最も近い位置にいるアビゲイルに目を付けたハーリーが、アン女王とサラの情報を流すようにと迫るが、アビゲイルはキッパリと断る。アビゲイルはそのことをサラに報告するが、褒められるどころか「双方と手を組む気かも」と探られ、空砲で脅されるのだった。

 

アビゲイルはサラが議会へ出ている間のアン女王の遊び相手を命じられるが、女王は「サラは国家の仕事より私を優先させるべき」と駄々をこねる。アビゲイルは、女王の亡くなった17人の子供の代わりだという17匹のウサギを一緒に可愛がり、上手く女王をなだめるのだった。

アビゲイルはサラの信頼を徐々に勝ち取り、女王のお守役を務める機会が増えていく。いつもストレートに物を言うサラに対し、甘い言葉で褒め称える従順なアビゲイルに女王は心を許していく。

議会では、トーリー党が激しく抵抗して増税を食い止める。女官長に就任して以来、初めてその権力に翳りが見えたサラに、今度は女王との関係を揺るがす大きな危機が訪れる。それは、いつの間にか野心を目覚めさせていたアビゲイルの思いがけない行動だった──。

 

映画「女王陛下のお気に入り」の作品情報

作品情報 女王陛下のお気に入り(原題  The Favourite)
上映時間 120分
製作年 2018年
製作国 アイルランド・イギリス・アメリカ合作
監督 ヨルゴス・ランティモス
製作 セシ・デンプシーほか
配給 20世紀フォックス映画

世界最大の映画批評サイトと言われる「Rotten Tomatoes」では94%もの高評価を獲得している作品です。

第72回英国アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞など12個もノミネート、最終的に英国作品賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、美術賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、衣装デザイン賞の7つを受賞しました。

2019年2月6日から東京TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、衣装を担当したパウエルが製作した衣装が展示されています。

 

【サンディ・パウエルの衣装展】

左から、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)、アン女王(オリヴィア・コールマン)、アビゲイル(エマ・ストーン)

 

 

18世紀イングランドの王室が舞台になっていますが、歴史物ではないので登場人物を事前に調べたりしないでも何も問題なく楽しめる作品です。

試写会では劇場内で笑い声が響くほど盛り上がれる作品となっています。

 

映画「女王陛下のお気に入り」の出演キャスト!

出演した女優、俳優をご紹介します。

オリヴィア・コールマン

  • オリヴィア・コールマン(Olivia Colman)
  • 生年月日 1974年1月30日
  • 出身 イギリス ノリッチ
  • 身長 170㎝

本作に出演して多くの賞を受賞しました。2018年に第75回ヴェネツィア国際映画祭 女優賞、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演女優賞、第76回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)、第72回英国アカデミー賞 英国アカデミー賞 主演女優賞と一気に大注目されています。

 

エマ・ストーン

  • エマ・ストーン(Emma Stone)
  • 生年月日 1988年11月6日
  • 出身 アメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデール
  • 身長 168㎝

父親はスウェーデン系で、本名はエミリー・ジーン・ストーン(Emily Jean Stone)です。女優を目指すために高校を中退して母親とロサンゼルスに住み、自宅で勉強をしながらオーディションに参加していました。

2016年公開映画「ラ・ラ・ランド」で第89回アカデミー賞主演女優賞、ヴェネツィア国際映画祭女優賞、第74回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。

 

レイチェル・ワイズ

  • レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)
  • 生年月日 1970年3月7日
  • 出身 イギリス ロンドンウェストミンスター
  • 身長 168㎝

父親はハンガリー出身、母親はオーストリアのウィーン出身。妹のミニー・ワイズはアーティストです。映画デビューは1995年の「デスマシーン」。
私生活ではアメリカの映画監督ダーレン・アロノフスキーと事実婚で2006年に長男を出産、その後破局し2011年にアメリカ俳優ダニエル・グレイグと結婚してアメリカ市民権を取得しました。2018年9月に長女を出産しています。1970年生まれなので48歳での出産!

本作では製作当初ケイト・ウィンスレットにオファーがありましたが、その後レイチェル・ワイズが起用になりました。撮影は2017年3月~5月に行われていたので、その後に妊娠・出産をされたのですね。

 

ニコラス・ホルト

  • ニコラス・ホルト(Nicholas Hoult)
  • 生年月日 1989年12月7日
  • 出身 イギリス バークシャー・ウォウキンガム
  • 身長 190㎝

2002年映画「アバウト・ア・ボーイ」で有名になりました。トム・フォード監督デビュー作の「シングルマン」にも抜擢、ジャックと天空の巨人では主演のジャックを務めました。2018年4月に恋人であるブライアーナ・ホリーとの間に第一子が誕生しています。

 

スポンサーリンク



女王陛下のお気に入り(映画)を実際に観た感想や評判は?

戦時下の財政難を議論する絢爛豪華な王室で、全ての権力を有するはずの女王アンが最も不自由で孤独で惨めに描かれている。
すったもんだの愛憎劇の結果、アンの「 お気に入り(favourite)」を勝取ったアビゲイル(エマストーン)は、次第にアンに対する愛と忠誠心をないがしろにしてゆく。
目を患ったアンは、皮肉にもこれまで見えていなかったアビゲイルの本性を悟ってゆくが、最後の最後で自尊心に目覚めるラストシーンが印象的だった。
コメディータッチながら、時代を問わず人間の普遍的なテーマを描いた良作だと感じました。

 

3女優の圧巻の演技に脱帽。権力を奪い合う女の駆け引きに怖さを感じたほどで時間が過ぎるのも忘れてスクリーンに釘付けになった。特にエマストーンは抜群で体を張った妥協を許さない演技には感服。オスカー女優になって益々凄みを増した印象で彼女無しには語れない評判通りの傑作です。

 

殿を女王に据え変えた、英国版“大奥”。
寵愛を求める女性同士のバトルが国家の存亡と絡み合う、息もつかせぬ物語。
ブラックコメディ監督が、宮廷舞台劇ならではの重苦しさを見事に払拭。
欠点を抱える主人公3人の複雑な人物像が愛おしくも虚しく、誰もが心寄り添える。

 

女王にどちらが気に入られるかで、女二人が宮廷でバチバチの陰湿な戦いを繰り広げる映画。章仕立て。イングランドの時代劇、宮殿やドレス、装飾品、インテリア、みんな美しくて素晴らしい。
ダメすぎる女王陛下の寵愛を狙って、その中でまあサブイボたつほど陰湿な二人のやりとりが刺激的。さらに女王陛下もそれをわかった上で争いを黙認してるのがさらに陰湿。髪をアップにしたエマストーンが、マーゴットロビーにしか見えなかったのは私だけだろうか。エマストーンはいろんな役ができるなあとうっとり。オチが正直意味わからんというか、そうじゃないだろ的オチなのが気がかりですが、オチを除けば割と楽しめる映画です。

 

 

 

 

 

女王陛下のお気に入り(映画)のあらすじやキャストをチェック!感想や評判は?のまとめ

 

女のドロドロのバトルということで西洋版大奥のようだとも言われていますが、日本人には目新しい豪華な衣装や建物の内装も楽しめますね。

それに、ただドロドロなだけでなくブラックコメディ的な要素も入っているので、笑って鑑賞できるというのは気が楽です。ぜひ劇場で観ておきたい作品です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください