人魚の眠る家(映画)のネタバレ感想は?あらすじや主題歌も紹介!

 

西島秀俊さんと篠原涼子さん、坂口健太郎さんが出演する映画「人魚の眠る家」の感想やあらすじについてご紹介します!

映画「人魚の眠る家」は東野圭吾さんが原作のヒューマンミステリーで、2018年11月16日に劇場で公開されています。
作品情報やキャスト・主題歌もまとめてチェックしてみました!

 

スポンサーリンク

映画「人魚の眠る家」のあらすじ!

 

播磨薫子(篠原涼子さん)と播磨和昌(西島秀俊さん)が娘(瑞穂)のお受験の面談の模擬試験を受けていたとき、母親の千鶴子(松坂慶子さん)から瑞穂がプールで溺れ、意識がないという連絡が入ってきます。

この日瑞穂は薫子の妹の美晴や、その子ども、母親の千鶴子たちと一緒にプールに遊びに行っていて事故にあったのでした。

医師は瑞穂はもう脳死状態であると伝え、臓器移植も考えていたのですが瑞穂の体が一瞬動きます。瑞穂は生きてる!と喜ぶ母の薫子。

技術者の星野祐也(坂口健太郎さん)の手助けを借りながら、薫子(篠原さん)は瑞穂の体を動かすことに夢中になります。一方で父親の和昌(西島さん)は、瑞穂を無理やり生かしてることは親のエゴではないかと疑問を感じ始めます。周囲の目も冷ややかで、篠原さんは追い詰められていきます。

ある日、薫子の夢の中に出てきた瑞穂に「ありがとう」と言われたことで、ついに決めた母親の薫子の決断は…。

 

映画「人魚の眠る家」の作品情報

作品情報 人魚の眠る家
上映時間 120分
製作年 2018年
製作国 日本
監督 堤幸彦
脚本 篠崎絵里子
原作 東野圭吾「人魚の眠る家」

原作者の東野圭吾さんは「秘密」「容疑者Xの献身」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」などを執筆するミステリー、サスペンスジャンルの小説家です。
江戸川乱歩賞、日本推理作家協会賞などを受賞しています。

監督の堤幸彦さんは、「金田一少年の事件簿」「TRICK」「SPEC」「20世紀少年」「天空の蜂」「イニシエーション・ラブ」なども手がけました。
受賞歴には第40回報知映画賞監督賞「天空の蜂」「イニシエーション・ラブ」があります。

脚本の篠崎絵里子さんは、「まれ」「クロサギ」「あしたのジョー」「ちびまる子ちゃん」などを手がけています。
2009年の第17回橋田賞を受賞しました。

日本のミステリー作家の代表者と言っても過言ではない東野圭吾さんの原作を「20世紀少年」を手がけた堤幸彦さん、「ちびまる子ちゃん」の脚本も書いている篠崎絵里子さんがどのような作品に仕上げたのか、とても興味を惹かれる作品でですね!

 

スポンサーリンク



映画「人魚の眠る家」のキャストをチェック!

播磨和昌(西島秀俊)

薫子の夫でITメーカー・ハリマテクスの社長。薫子とは娘の瑞穂の小学校受験が終わったら離婚することに。

播磨薫子(篠原涼子)

2児の母。瑞穂がプールの事故で意識不明の重体に。

星野祐也(坂口健太郎)

ハリマテクスの研究員。
社長の播磨和昌から最新の技術を娘の相談に活かせないか相談を受ける。

播磨多津朗(田中泯)

和昌の父でハリマテクスの創業者。
娘に起こった悲劇に心を痛めつつ、和昌の行動に苦言を呈する。

美晴(山口紗弥加)

薫子の妹。薫子のことを心配している。

千鶴子(松坂慶子)

薫子の母親
瑞穂をプールに連れて行った際に事故が起きたことで、強く責任を感じている。

川嶋真緒(川栄李奈)

動物病院の助手で、星野祐也の恋人。
研究にのめり込む星野を心配している。

進藤(田中哲司)

脳外科医で瑞穂の担当医。

 

映画「人魚の眠る家」を実際に観た感想は?ネタバレ注意!

30代後半女性

私が観てきました!

脳死状態ではあるけど、心臓は動いている、顔つやは良くて眠っているように見えるかわいい娘の顔を見て、もう死んでいると認めることができる親がどこにいるのか。私にはまだ子どもはいないが、もし自分が篠原涼子さんの立場だったらと考えると、息ができないくらい苦しくなった。

この作品は小説も読んだことがあり、周囲に冷ややかな目で見られながら狂っていく母親を、ビューティーアイコンの篠原さんがどう演じるのかと思っていましたが、鬼気迫るものがあり圧倒されました。本当に娘の死を受け入れられない母親がそこにいるようで切なかったです。

篠原さんだけではなく、瑞穂の延命に手を貸してしまう技術者役の坂口健太郎さん、その彼を見て苦悩する恋人役の川栄李奈さんの演技も素晴らしかったです。

ちょっと他人(身内なんだけど)に預けていた娘が事故に巻き込まれる。

責めたいけど責められない。子どもを預けた方も預かった方も悲劇です。

しかし、これは誰にでも起こりうることだと思います。

子どもを預けるとき、預かるとき、このようなことがあるかもしれないということは、ある程度覚悟しておかなければならないと思いました。

後味の良い作品ではないですが、一生忘れられない映画だったと思います。

 

https://twitter.com/AtsushiOwa/status/1072081064191909893?s=20

 

映画「人魚の眠る家」の主題歌は?

主題歌は絢香さんの「あいことば」です。

本人の書き下ろし新曲ということで、

「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香であれば最も美しく表現してくれる」

という映画側からのオファーで実現しました。

 

不思議なことが。
原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが私の中で止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していました。
映画に携わる方々の熱意を感じながら仕上げていくことで、より研ぎ澄ませながら世界観を創り込めた気がします。
曲をお渡ししてしばらくした後に試写を初めて観て、何度も涙しました。
本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています。「あいことば」は私の作曲家としてのキャリアの中で、特別に誇れる一曲となりました。

―― 絢香

 

初めて聴いた時に、ここまで作品に寄り添ってくれる歌があるのか、と震えました。
物語の結末を優しく見守り、送り出してくれるような「あいことば」。
映画をご覧になる方は本編で泣いて、最後にこの曲でもう一回泣けると思います。

―― 篠原涼子

 

人魚の眠る家(映画)のネタバレ感想!あらすじや主題歌もチェック!のまとめ

この映画は、東野圭吾原作の映画なので本好きの人でも入りやすい作品ですね。

また、出演者も実力のある俳優が揃っているので見応えがあると思います!

そして、この映画のストーリー自体がとても考えさせられるものとなっているため、家族や恋人、友人などどのような人と一緒に見ても、とても見応えのある作品になるでしょう。

ぜひ鑑賞してみてくださいね!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください